横浜銀行カードローン審査否決にならないために在籍確認の準備を 職場連絡電話なしでお金借りれる?

横浜銀行カードローン審査否決にならないために在籍確認の準備を 職場連絡電話なしでお金借りれる?

 

 

 

金利 1.9%−14.6%
借入限度額 10−1000万
ATM利用手数料無料 ※一部ATMを除きます
来店不要でWEB完結
PC、スマホで24時間申し込み可能

 

横浜銀行

 

 

 

横浜銀行カードローン審査否決にならないために在籍確認の準備を 職場連絡電話なしでお金借りれる?

 

カードローンの利用のためにはまず、各カード会社に申し込みを行い審査を受ける必要があります。カード会社側も何の信用もできない人にお金を貸すことはありません。

 

ある程度の収入があって、返済能力が十分にあると判断できた場合にだけキャッシングサービルを利用することができるというわけです。

 

これはキャッシングを利用する上で必要不可欠な過程なのですが、人によってはこの審査の内容に不安を感じてしまうケースも少なくありません。というのも、こうしたカードローンの審査の中にはその審査だけで数日から数週間程度の期間が必要になるものもあります。

 

すぐにでもお金を借りていきたいのにも関わらずそれがかなわない、申し込みを行う人にとってはこれほど厄介な話はありません。

 

では、横浜銀行カードローンの審査はどうでしょうか?横浜銀行カードローンは他のカードローンに比べて高額融資が可能という点が特徴として挙げられます。また、成人以上で69歳以下、安定した収入がある人であればだれでもキャッシングサービスに申し込みが出来るので、条件が比較的緩いという点が魅力となっていきます。極端な話をあげれば、学生であってもパート、フリーターであっても安定した収入さえあれば自由に申し込みを行うことができるということです。

 

横浜銀行カードローンは申し込みの条件が比較的緩い分、仮審査も比較的早く済ませることが出来ます。ただ、ここで注意が必要になってくるのが仮審査の次には必要書類を提出の上、本審査が必要になってくるという事です。

 

仮審査の結果は最短即日にわかりますが、そこから書類が自宅に送付されるのに3日から4日ほど、必要書類を揃えて提出するまでに1週間程度の期間が必要になっていきます。そこから新たに本審査にはいることになるので、人によってはこの期間がネックになり、横浜銀行カードローンの審査は遅い、時間がかかると感じてしまうケースも出てきます。

 

実際のところ、ほとんどのカードローン会社でこうした仮審査から本審査に移るまでのタイムロスは発生していきます。どれだけ書類を早くそろえたところで、最短で数日程度の期間は必要になってくるという事です。

 

キャッシングサービスを利用する際にはあらかじめこうした、事前の準備、作業に必要な日数についても把握していくようにしましょう。少しでも日数を少なくしていきたいという場合には、申し込みの段階で必要書類を揃えておくなど事前の準備がおすすめです。

 

横浜銀行カードローンの本審査では、申込者本人が勤務先に在籍しているのかどうかを確認する在籍確認が行われます。

 

会社に直接電話での確認が行われるので、人によっては抵抗を感じることもあるでしょう。会社にキャッシングサービスを利用していることがバレてしまうのではないか?

 

それが原因で悪い噂が流れてしまうのではないか?と不安を感じてしまうのも致し方ありません。ですが、横浜銀行カードローンの審査では、基本的に担当者が自身の名前を名乗って在籍確認を行います。

 

こちらから申し込みの段階で横浜銀行と名乗ってほしいと伝えておけばそれも可能ですが、よっぽどのことがない限り、キャッシングの事実が会社内でバレてしまうことはないでしょう。

 

もしもあまりにも心配だというのであれば、本審査が行われている期間中は会社で積極的に電話に出るようにする、事務員に前もって個人名で電話があるかもしれないと伝えておくようにする、など個別に対処していきましょう。たったこれだけの事でも在籍確認での不安は解消することが出来ますし、周りに余計な詮索をされることもなくなります。

 

ここまでの作業、在籍確認が終わって審査に通れば無事融資が開始されていきます。横浜銀行カードローンの場合、提携ATMでいつでもどこでも気軽にお金を借りることが出来るので、手っ取り早くサービスを利用していきたいという人におすすめです。わざわざ銀行や店舗に足を運ぶ必要もなく、ショッピングの途中でもお金を借りることが出来る、これは利用者にとっても大きなメリットになっていきます。

 

ちなみに、横浜銀行カードローンは申し込みの段階である条件をクリアしていなければいけません。それが、神奈川県全域、東京都全域、群馬県前橋市、高崎市、桐生市のいずれかに住んでいる、もしくは勤務しているという条件です。

 

他の地域に住んでいる、勤務している人の場合にはこの条件をクリアしていないため、そもそもサービスの申し込みを行うこともできません。金利が低く非常に利便性の高い横浜銀行カードローンですが、利用の際にはまずこうした点をしっかりチェックしていくようにしましょう。

 

そして、利用の際には出来るだけ計画的に、後々になって返済が滞ることがないように注意しながらサービスを利用していきます。これができないと、後々になって他の借り入れサービスが利用できなくなったり、毎月の返済に首が回らなくなったりしてしまうので気を付けておくに越したことはありません。

トップへ戻る