キャッシング審査とキャッシング後の職場在籍確認について

キャッシング審査とキャッシング後の職場在籍確認について

キャッシング審査とキャッシング後の職場在籍確認について

 

キャッシング審査とキャッシング後の職場在籍確認について

自分がプロミスでキャッシングをして審査が通り、職場在籍確認の連絡を受けた時のお話です。

 

まず、審査についてです。

 

当時の職業はアルバイトでしたが、その場で審査が通り即日融資をしてもらえました。

 

ただ、国民健康保険証などの本人確認書類は揃っていたものの、給与明細を紛失してしまったので、

 

希望借入額10万円よりも少ない、5万円という金額の融資になりました。

 

分からないことだらけで質問を沢山しましたが、オペレーターの方は丁寧に分かりやすく説明してくれました。

 

それから就職後は、プロミス側から増額融資の連絡がきました。

 

その時、電話口でしたが増額希望をすると、また即日融資という形にしてもらえました。

 

続いて、職場在籍確認についてです。

 

消費者金融などでキャッシングする際に一番、気になるのは職場や家族などに知られてしまうのではないか、

 

という点ではないでしょうか。

 

どちらの消費者金融を利用しても、そうだと思いますが、その点は知られないように配慮してもらえました。

 

借入手続きの時に事前に、社名は伏せて連絡をするという旨の説明をしてもらえます。

 

実際、職場在籍確認の連絡を受けましたが金融会社名は伏せて、オペレーターの個人名で連絡が来ました。

 

また、滅多にありませんでしたが、家に連絡が来た際も、金融会社名は伏せて連絡してくれました。

 

徹底していて、非常に安心できました。

 

消費者金融キャッシングと銀行のカードローンの違いとは?

 

無担保ローンというものがあり、

 

消費者金融のキャッシング、銀行のカードローンがあります。

 

消費者金融はキャッシング即日融資が受けられるのが基本で、

 

銀行のカードローンによっては審査通過に数営業日かかる場合があります。

 

大手都市銀行やネット専業銀行のカードローンでは即日融資が出来る金融機関があります。

 

消費者金融のキャッシング即日融資のほうが若干金利が高く、

 

金利面では銀行のカードローンのほうが有利で、低金利です。

 

しかし大手の消費者金融では自動契約機から

 

その日のうちにカードを受け取りして、

 

併設のATMコーナーからその日のうちに現金を手に出来るのが良い点です。

 

銀行のカードローンでも自動契約機のような機械を設置しているところもありますが、

 

テレビ窓口や三井住友銀行カードローンのローン契約機、

 

新生銀行カードローンのレイクの自動契約機などごく一部です。

 

消費者金融のキャッシング、銀行のカードローンの金利面以外の大きな違いは総量規制です。

 

消費者金融は総量規制の対象ですので、年収3分の1以上は借入が出来ないです。

 

銀行のカードローンではこのために配偶者に安定収入があれば

 

専業主婦の方でも利用できる銀行カードローンがあります。

 

 

キャッシング審査書類でうそはついてはいけない!虚偽の申請はすぐにばれるので注意!

 

キャッシング審査で通るかどうか分からない、少しでも多くお金を借りたい、

 

個人情報を伝えたくないといったさまざまな理由で嘘の内容で申請をする人がいると思います。

 

しかし、業者の方は虚偽の申請であるという事はすぐにバレてしまいますので嘘をつかずに正しい情報を書き込む必要があります。

 

それでもどうしても不安になるからと考えてしまいがちですが、

 

虚偽の申請をしてしまうことによって通るものも通らなくなってしまいますから真面目に審査を受けるようにしてください。

 

そこで何故虚偽の申請の内容がバレてしまうのかと疑問に思う方は多いでしょう。

 

業者の方は審査機関でしっかりとチェックを行ないますし、あらゆる情報を基にデータを見たり、

 

提出された書類で判断したりしていますのでほぼ嘘であるかどうかは分かるのです。

 

主に嘘を書く内容としては名前や年齢、勤務先や連絡先、年収、これまでの実績や借入件数などになります。

 

これらは嘘をついてもすぐにバレてしまうものになりますし、嘘をついたからといって良いことはないので注意しましょう。

 

まず名前や年齢ですが、ほとんどの業者では身分証明書の提出を求めていますので、それとの照合を行なうとすぐに分かってしまいます。

 

周囲の人にお金を借りるのがバレるのが嫌、個人情報を渡したくないと思ってる方がいますが、

 

業者はしっかりと情報は管理して漏れない、他の会社に渡さないようにしているので安心してください。

 

勤務先や連絡先ですが、これは在籍確認を行なう時にバレてしまいます。

 

電話での在籍確認を行わない業者も存在しますが、

 

その場合は代わりに証明書の提出が必要不可欠なのでいずれはバレてしまうでしょう。

 

お金を多く借りるために直結する年収ですが、借り入れ金額が50万円以上に設定するためには収入証明書の提出が必要になります。

 

ですから年収を誤魔化すことは難しく、すぐにバレてしまうのです。

 

最後にこれまでの実績や借入件数になりますが、他の業者で利用しているから関係ないと思いがちですけど、

 

金融系の業者は信用情報機関のデータを共有しており、キャッシング審査時に確認をしていますから嘘をついているかどうかはすぐに分かります。

 

どこでいくら借りている、返済しているかどうか等もしっかりと分かりますので本当のことを書かなければなりません。

 

このようにキャッシング審査の書類で嘘を書いても業者にすぐに分かってしまうので注意してください。

 

ノンバンクでお金借り入れ可能?融資を受けたいけど審査が不安

 

ノンバンクとは預金業務を行っていない金融機関、つまり消費者金融や信販会社などを指しています。融資をすることが主目的であり、投資・保険などの金融商品の取り扱いをしていません。最も有名なノンバンクは消費者金融であり、お金を借りるときに最初に検討するのは消費者金融という方が多いでしょう。

 

最近は銀行で借りる人も増えてきましたが、まだまだ主流は消費者金融となっています。キャッシングやカードローンの借入先といえば、大手消費者金融を選択する方が多いでしょう。金利は少し高めに設定されていますが、気軽に借入できるのが特徴です。銀行で借入できるという保証があれば低金利の銀行を利用するはずですが、審査に落ちてしまう方は少なくありません。そうした方が借入先として検討するのが消費者金融なのです。

 

消費者金融は最も融資を受けやすい金融商品と言われており、一昔前までは積極的にCMを放映していました。最近は自粛傾向がありますが、これは借りすぎてしまう方が増えたためです。

 

そのため最近のCMでは、ご利用は計画的にというフレーズがよく聞かれます。ローンはすべて借金ですから、借りた分に利息をつけて返済する必要があります。借りすぎて困るのは自分なので、借りすぎないための借り方をする必要があるのです。審査に落ちてしまう理由として、たくさん借りようと希望額を多く設定することがあります。たくさん借りられるほうがお得に思える方がいるようですが、借りたお金は自分のお金ではありません。返済するときのことを考えて希望額を設定すれば、失敗することはないでしょう。

 

ノンバンクでお金を借りられる年齢は20歳以上になればOKであり、在籍年数はそれほど問われません。高校を卒業して18歳から働いている人が20歳になったら、そのまま申込みができます。

 

かつては在籍年数が3年以上ないと厳しいと言われていましたが、そうした根拠はありません。1〜2年程度の在籍期間で借入できるケースが多いので、不安がある方は金融機関に問い合わせをしてみましょう。ローンの商品概要に基本的なことは記載されていますが、わからないことは聞いてみるのが一番です。例えばパート・アルバイトOKという記載がなくても、問い合わせしてみるとOKと言われることはあります。融資条件に該当しない状態で申込みをしても意味がありません。問い合わせをして融資条件をクリアしていれば、そのまま申込みをするとよいでしょう。

 

審査を受けるにあたって不安は誰にでもありますが、他社借入がなければ80%くらいは審査に通過するものです。確実に借入できるわけではありませんが、希望額を抑えれば確率は上がるでしょう。100万円は無理でも50万円なら借入できるかもしれません。もっと少なくすれば審査通過率はさらに上がるのは間違いありません。

 

希望額を少なくすることは、相対的に返済能力を高めることができるのです。返済能力100万円の人が50万円を借りて返すことはできますが、150万円を借りると返せなくなります。審査の合否は金融機関が決めることですが、希望額は少なくしたほうが審査で有利になるのは間違いありません。ノンバンクからの借入が初めてで不安という方は、少ない金額で申込みをしてみましょう。

 

初めて利用するローンなら審査の通過はそれほど難しくないでしょう。審査に通過しにくい方の特徴として他社借入が多いことがあります。すでに複数から借入している方だと、ノンバンクから借りるハードルは高くなります。総量規制による貸付制限があるため、年収の3分の1までしか借りることができません。

 

それ以上を借りるためには、銀行を利用することになるでしょう。信用金庫などの非営利の金融機関も融資を行っていますが、審査は銀行より厳しいと言われています。消費者金融ローンに適用される総量規制は、他社の借入も含めて計算します。他社から年収の3分の1を借入していれば、それ以上は借りることができません。融資を受けるためには、他社の借入総額を把握しておくことも大切なのです。

 

過去に学生ローンを利用していた方は、キャッシングやカードローンの審査に通過しやすいと言われています。ローンの利用履歴が残されているためであり、初めて申込みする方より審査は通過しやすいでしょう。ただし延滞履歴がある場合は通過率が下がってしまうので、ローンは延滞しないように使用してください。延滞を繰り返していると、信用力を落とすことになります。

 

落とした信用は簡単には回復しないので、延滞しない借り方を心がけてください。延滞の理由の多くは借りすぎにあり、ほとんどは自己責任と言えるものです。借りすぎないためには自分が注意するしかないので、ノンバンクのローンに申込みする方は希望額に注意してください。たくさん借りたくなる場合もあるでしょうが、返済できるのか事前に試算をしておく必要があります。

トップへ戻る