金利なしキャッシング 無利息カードローンでお金借りたい

 

金利なしでキャッシングを提供している消費者金融は存在します。

 

ただし、金利なしキャッシングを提供している金融会社はたいてい1週間や1ヶ月と言った期間限定の間で融資を提供していることが多いです。

 

すぐにお金を返済することが出来る人や、初めてのキャッシングサービスを利用するひとにおすすめです。

 

特に、プロミスやアコムでは初回利用で30日無利息サービスを提供していますので、初めてお金を借りる方は2つの消費者金融がいいでしょう。

 

 

 

プロミスは、在籍確認はありますが職場への電話なしでお金を借りれる金融機関です。

 

ネット審査申し込み時に、電話なしと伝えてください。
※電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにプロミスのオペレーターに相談ください。

 

・実質年率 4.5−17.8%
・利用額 1万円〜500万円
・30日間無利息 
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
・スマホから申込み可能
・主婦、パート・アルバイト、学生の方も平日14時までに契約完了で即日融資も可能
・20〜69歳までの安定収入のある方

 

最低返済金額で比較するとSMBCモビットよりもプロミスがオススメでです。

 

 

女性オペレーター完全対応 プロミスレディースキャッシング

 

プロミス職場連絡なし 詳細

 

 

 

・アコムは初めての借り入れで初回金利30日無利息サービス
・融資額1万円〜800万円まで 
・アコムの金利 3.0%〜18.0% ※キャッシング利用時
・スマホ、PCからネットで契約まで完了するので来店不要
・たった3項目の入力で借り入れ可能かわかる3秒診断
・即日振込可能
・24時間ネット、ATMからお金借り入れ、返済が可能なのでとても使いやすい
※アコムオペレーターに相談をしたら、勤務先への連絡をなくせる可能性があります。

 

 

アコムカードローン 詳細

 

融資の条件としては正社員であることは求められないので、アルバイトやパートであっても条件さえ整っていればお金を借りることは難しくありません。

 

では、アルバイトやパートが実際にキャッシングでお金を借りる際にはどのような点に注意をすればよいのでしょうか。

 

アルバイトやパートが融資を受ける条件としては、本当にそれらの仕事をしていることを証明することです。

 

銀行の融資の審査ではこうした実際に仕事をしていることの証明として必ず書類審査がありますが、

 

実はキャッシングの審査ではこうした書類審査がなく、収入の審査でも高等の確認ですべての審査が進められていきます。

 

中でも、収入の証明をするための口頭の審査はかなり特殊な面があって実際には在籍確認と呼ばれています。

 

普通、消費者金融に対して融資の申込を行うと折り返しの電話が提供した電話番号にかかってくるので

 

その電話に本人が出ればそのまま審査を進めていくことができるのですが、

 

在籍確認に関しては本人に対して直接的に電話をするわけではなく本人が通っているアルバイトやパート先に電話が入るように審査を進めていきます。

 

つまり、自宅や携帯電話ではなく会社に対して電話がかかってくるわけです。

 

この在籍確認をクリアできれば基本的に誰であってもキャッシングを利用することが認められますので、

 

まずはこの審査をクリアすることから考えなくてはいけません。

 

ただし、在籍確認を実際に行ってもらう際には消費者の方で一つだけ気をつけておかなくてはならないことがあります。

 

それは、在籍している会社に対して電話をかけても良い時間帯を把握しておくことです。

 

例えば、殆どの会社は週末の土日に定休日が存在しますが、中には平日に定休日が存在することもあります。

 

在籍確認は会社に対して電話をかけてもらう審査のことを意味しますので、

 

会社に電話をかけてもらったとしてもその電話に誰も出ることができなければ

 

本当に在籍をして仕事をしている身分の人であっても審査をクリアすることができなくなってしまいます。

 

そもそも、消費者金融に対してキャッシングの申請をする人の大半は、

 

申請をしている時には無人契約機の前にいたりまたはインターネット上から審査を受けている最中であるため、

 

事前に準備をしておかないと対処をすることができなくなります。

 

そのため、在籍確認をしてもらう時には自身が所属している会社が都合の良い時間帯に電話をしてもらうように考えておかなくてはいけません。

 

では、在籍確認以外で重要になる消費者金融の審査は存在しないのでしょうか。

 

実は、もう一つだけ本人の適性に関して重要になる審査基準が存在することを知っておく必要があります。

 

それは、信用情報という信用情報機関に管理されている情報です。

 

日本で暮らしている人は、それぞれの借金の情報を信用情報機関という施設に全て管理されています。

 

この借金の情報はその年度の情報だけではなく、過去から現在にかけてのあらゆる借金の情報が掲載されていますので、

 

短い期間とはいえお金を借りたことがある経験のある人はこの情報にその事実が掲載されてしまうことになるのです。

 

そして、この信用情報に情報が掲載されているケースでは消費者金融でのキャッシングの審査が振りになってしまうことがあるので注意が必要です。

 

消費者金融のキャッシングでは、融資の枠に限界が存在しますのでそれを調べるために必ず信用情報で現状の借金の金額を調べることになります。

 

そして、法律的にその上限をはっきりと超えていると判断されてしまった時には融資の適性判断では不合格ということになってしまいますので、

 

お金を借りるときにはある程度自身の借金を整理してから申請をする必要性があるのです。

 

特に、金利なしでお金を借りようと考えている場合にはこうした信用性が非常に重要になります。

 

金利なしでお金を借りる時には即日融資の即日審査が基本となりますが、

 

融資を受けてからすぐに返済することが出来る人物でないとその後の返済が少しだけ厳しくなってしまうことがあるからです。

 

そもそも、金利なしの融資では無利息期間を経過するとその後に利息をきちんと支払わなくてはならないようになってしまうことがありますので、

 

お金を借りる時には必ずその期間内で返済することが出来ることが条件となります。

 

お金を貸す方としても無利息期間内で返済してくれることを期待して融資を提供することになりますので、

 

返済能力や信用性に関しての適性判断を非常に重要視しているという事実があります。

 

そのため、この点をクリアできれば金利なしであっても比較的簡単にお金を借りることが出来るでしょう。

 

なぜ金利なしでお金借りれる?無利息カードローンは本当に安心?

 

カードローンを売り込む金融会社は顧客基盤を広げることが、経営目標の最重要項目といっても過言ではありません。

 

住宅ローンのような大きなロットの貸出であれば、貸倒リスクも少なく、低金利であっても大きな収益を生み出すことが可能となりわけですが、カードローンは金利が高い反面、貸出する金額のロットは小さく、また貸倒リスクも相応に高いことから、より数多くの契約を結ぶことが求められるのです。

 

カードローンの無利息キャンペーンは、謳い文句としては契約当初30日間は貸出する金額をゼロとすることで契約者数を増やしていこうとする意図が垣間見れるのです。

 

契約当初30日間の無利息キャンぺーンは確かに魅力的です。しかし、このキャンぺーン期間中に利用し、無利息の恩恵を受けた利用者が、あとは利用しないということは少ないのではないでしょうか。

 

また無利息キャンペーンをあてにした契約者に対しても通常契約と同様に電話による在籍確認は行われることになります。

 

カードローンの会社だからといって審査が厳格に行われないということは、まずありません。リスク管理上、申込人がどんな企業に勤めていて、また勤務しているという事実に相違ないのか、この確認は大事な確認となるのです。もちろん確認の手法は、工夫されたものになっています。

 

勤務先に電話をかけ、申込本人に電話を繋ぐということは、勤務時間中の取次不可ということもあり、難しくなっています。

 

ましてや金融会社の名を出して、在籍の確認をしたいという申出には企業側の電話対応者の方では対応してくれないのではないでしょうか。

 

多くの場合は、個人名で親戚等を装って申込人に電話を繋いでもらいたいというように電話をかけることになる筈です。

 

勤務先の事情で電話を繋ぐことができない旨を伝えられれば、それはそれで間違いなく在籍していることは確認できるという論理なのです。

 

ですから、カードローン申込にあたって在籍確認があるからと、過度に恐れることはない、というように考えます。

 

利用者の立場からして、無利息のキャンペーンはフルに活用するべきでありますが、ただしキャンペーン終了後はカードローンの金利は通常のローン金利よりも高くなっていることを肝に銘じ、計画的に利用していくことが求められるといえます。

 

カードローンを販売している複数の会社で無利息キャンペーンを実施しているからと複数枚のカードを発行するユーザーもいますが、キャンペーンはあくまでキャンペーンなのです。

 

実際に使用した場合の支払金利に十分に留意のうえ、使いこなしていくことが求められるのです。

 

無利息カードローンの落とし穴!無利息スタートする起算日について

 

消費者金融では初回申込みの利用に限り、金利が適用されない無利息サービスを利用出来る場合が有ります。

 

このサービスを利用すれば、1週間、1ヶ月とその消費者金融が設定した期間内は金利が適用されません。

 

現在では大手消費者金融の一部などで利用できるサービスとなっていますが、

 

全ての会社で用意されているサービスと言う訳ではありません。また無利息が適用される期間や条件も会社によって違います。

 

また、無利息カードローンは会社によって起算日も違います。例えば、ある会社は契約した日の翌日から起算しますが、別の所は初回借り入れ日の翌日から起算となっているからです。カードローンはまだ借りる予定がなくても申し込みは可能です。

 

また現在では在籍確認等もスピーディーに行えるので、即日融資となる所も珍しくありません。

 

だから、急にお金が必要になった時に困らないようにする為に予め申し込みをしておく事も可能ですし、

 

今すぐにお金を貸してもらいたい時でも条件を満たしていれば融資してもらうことは可能です。

 

もちろんカードローンなので専用のカードを持っていればあとはずっと自分の都合に合わせて融資を受ける事が出来ます。

 

しかし、契約した翌日から起算となる場合、事前にカードを発行してもらおうと思って融資を必要としていない時期に申込み・審査・契約と進めてしまうと、実際にお金を借りようとした時には既に無利息期間が終了してしまっている場合もあります。

 

だから、まだ融資を受ける可能性はないけどとりあえずカードを発行してもらおうと言う時は、

 

初回借り入れの翌日から起算、という所を利用するようにします。そうすれば契約から初回借り入れまでの期間がどれだけ空いたとしても、無利息が適用されるからです。

 

また、消費者金融の多くでは前述した様に即日融資を行っている所も少なくありません。

 

その場合、その日のうちに申込み・審査・契約、さらに借り入れまで進める事になります。従って、契約した日も初回借り入れの日も同日となるので、同じ日数の無利息期間であれば、どこの金融機関を利用したとしても無利息期間の終了日は同じになります。

 

無利息カードローンは借り入れ額だけを返済すれば良いので、非常にお得なサービスと言われる事もあります。

 

しかし金融機関でそのルールは大きく違っており、無利息スタートする起算日も会社によって違います。初回契約の時しか利用できないサービスなので、申し込み時は起算日にも注意しておくと、知らないうちに無利息期間が終わっていたと言う事にもなりにくくなります。

 

無利息ローンはアコム、レイク、プロミスなど金融機関側でのメリットはある?

 

無利息ローンは、お金借りるときには非常に便利なサービスです。

 

通常なら支払う必要がある利息がゼロになるので、期間内に返済すれば負担なくお金借りることができます。

 

そのため利用者にとっては非常に有り難い存在ですが、提供する金融機関側にはどのようなメリットがあるのかハッキリとはわかりません。

 

基本的に金融機関がお金を貸すときは、利息を取ることで利益を上げています。

 

無利息ローンは金利がゼロになるので、このサービスだけでは金融機関は利益を上げられません。

 

このような仕組みで成り立っているので、一見すると金融機関にはメリットがないと思われています。

 

しかし無利息ローンは、金融機関にも当然ながらメリットのあるサービスです。

 

最初は利息が取れないので損をしますが、長い目で見れば自社の利益に繋がると考えられているからこそ、多くの金融機関で現在でも提供されています。

 

無利息ローンを提供するメリットとは、他社との差別化です。

 

消費者金融のキャッシングは、銀行のカードローンと比較して金利が高いです。

 

金利が高いとそれだけで銀行のカードローンに顧客を取られてしまうので、魅力的なサービスを提供しなければいけません。

 

そこで銀行に対抗する手段として一定期間無利息で融資をするサービスを提供すれば、短期の借り入れなら金利面では優位に立てます。

 

現在消費者金融の多くでサービスが導入されている背景には、銀行との激しい競争があるからです。

 

銀行との競争に勝ち顧客を一度獲得してしまえば、その後も継続して利用してもらえる可能性が高いです。

 

キャッシングには不安要素があり、初めて利用するときにはハードルが高く感じるでしょう。

 

しかし一度利用し安全にお金借りることができれば、心理的なハードルは下がります。

 

不安要素を取り除き心理的に利用しやすくさせる効果は、金融機関にとって非常に大きなメリットです。

 

また無利息でお金借りることができても、期間内に完済しなければ利息が発生します。

 

多くの人は完全に無利息で利用するために、期間内に完済するようにお金を借りています。

 

しかし期間内に全額返済することができず、利息が発生するケースも少なくありません。

 

期間内に完済されず利息が発生すれば、金融機関にとっては新規の顧客を獲得しながら利息も得られ二重のメリットが発生します。

 

その他にもメリットはありますが、お金借りる利用者と提供する金融機関の両者にメリットがあるサービスです。

 

金利ゼロで賢くお金を借りるなら知っておきたいメリット、デメリット情報

 

どうしてもお金が必要だけれども手持ちのお金がないという時に使う一つの手段として、消費者金融や銀行のカードローンを利用するということが挙げられます。

 

お金借りるとなると必ず返さなくてはならず、その際には多くの場合金利が発生することとなります。しかし中には一定期間金利ゼロで利用することができる企業も存在しています。金利ゼロということは借りた分だけのお金を返せばいいということでメリットばかりのような気もしますが、実際にはデメリットもあるので十分な注意が必要です。

 

金利ゼロでお金を借りる場合のメリットとしては、なんといっても期間限定ではありますが、その期間内にきちんと全額を返済することができれば、利息はゼロだということです。

 

このような金利ゼロの制度を利用するためには、個人信用情報に過去の借り入れに悪い情報や債務整理の記録などが記載されていないことや、安定した収入があり返済能力があるなどの様々な条件をクリアしなければ通過することはできませんが、審査を通過することで通常であれば15パーセント前後の金利がかかるところを金利ゼロで借りることができます。

 

もしも短期間の借り入れを予定している場合や、決まった期日にお金が入ることが分かっている場合には、金利ゼロでお金借りることができれば非常にありがたいサービスと言えます。

 

しかしこのメリットが場合によってはデメリットになってしまうケースもあるので、デメリットについてもしっかりと頭に入れておく必要があります。

 

金利ゼロでお金を借りる最大のデメリットとしては、無利息期間内に返済することができなければ利息が発生するということです。

 

決まった期日までに全額支払いができると思って借りたとしても、場合によっては返済ができなくなってしまう可能性もあります。

 

例えば入金される予定のお金が入らなかったなど、お金を用意できなくなってしまうことも考えられるでしょう。

 

もしもお金を返すことができずに無利息期間を過ぎてしまうと、今度は通常よりも金利の高い返済が始まることもケースもあり得ます。

 

これは最初に契約をする際に伝えられていることであるため、それに納得して契約しているので仕方がないこととは言えますが、無利息期間を過ぎるとすぐに金利が発生することになり、借入額によっても異なりますが18パーセント以上の金利をとられるケースも見られます。

 

せっかく金利がゼロだからと借り入れを考えたのに、通常の借り入れよりも損をする形となってしまいます。

 

利息無しで借金融資を組むなら、消費者金融選びがかなり大切!

 

利息無しでお金借りるなら、消費者金融選びがかなり大切です。そもそもお金借りる際に、利息無しでというのは相当に虫のよい話だということは分かるでしょう。

 

利息無しでお金を貸しては、貸すほうとしては全く何のメリットもありません。貸したお金は返ってくるまでの間自分では使えないわけですし、貸した人がきちんと返してくれるとも限りません。もちろん信用できると判断した人にしかお金など貸さないはずですが、それでも様々な事情や不測の事態により返せなくなることはあり得るのです。こんな状況で、利息無しでお金を貸してくれるなど慈善事業者でもなければまともにあり得るはずがありません。

 

 

ですが、恒常的にではなく一時的、キャンペーン的なものであれば利息無しというのは決して珍しいことではありません。消費者金融としてもできるだけ顧客を獲得したいですから、このようにキャンペーンを組んで自社のお得さをアピールしようとしているときもあります。その分の利息収入は減ってしまうわけですが、会社として、一人の顧客を獲得するほうがその分の利息収入よりも重要だと思えばこそ、このようなキャンペーンが行われるのです。

 

 

ですが、当然ながらこのようなキャンペーンに関する会社の考え方は各社様々です。これが消費者金融選びがかなり大切だということの理由です。一口に利息無しといっても、具体的な内容はどんな消費者金融でも同じというわけでは決してありません。自分にとって一番有利になるような消費者金融を選ぶことが得をする上では重要だということです。

 

 

キャンペーンの内容は多岐にわたるでしょうが、確認すべきポイントは主に2つです。一つ目は、いくらのお金まで利息無しで借りることができるのかという限度額です。同じ利息無しであっても、5万円までというのと、50万円までというのとでは全く違うのは分かるでしょう。例えば自分は30万円借りたいと思っている場合、限度額50万円なら問題ありませんが、限度額5万円では考え直さないといけないかもしれません。

 

 

もう一つはいつまで利息無しでお金借りることができるのかという期間です。これも、1か月間だけ利息無しというのと、半年間利息無しというのとでは異なるでしょう。自分が借りたい期間はどれくらいなのかによって考え直さないといけないケースが出てくるかもしれないということです。

 

一方で、例えば2週間だけ借りたいと思っているのなら、1か月間でも半年間であってもこの点に関しては同じとみることもできます。

 

クレジットカードで無利息、金利ゼロの借り入れはある?消費者金融よりもクレカを希望

 

消費者金融に借入の申し込みの手続きをするのが面倒と感じる方にとっては、クレジットカードのキャッシング枠を設定して借り入れした方が、手軽に手続きできると思われます。また、消費者金融でお金借りるのに抵抗がある方もいるでしょう。クレジットカードでお金借りる場合に気がかりなことと言えば、消費者金融によくある無利息や金利ゼロのプランがあるかという点なのではないでしょうか。

 

ほとんどのクレジットカードではお金借りる際に金利が金利が付けられます。無利息期間や金利がゼロになるプランが設けられていない場合がほとんどです。キャッシングの限度枠はショッピング利用限度額内に収まりますし、総量規制の決まりもあるので50万円以内に抑えられている方が多いでしょう。

 

特に50万円を超える金額であれば収入証明書が必要になる会社が多いので、ほとんどの方が50万円以内にキャッシング枠を収めていると考えられます。

 

クレジットカード会社のキャッシング枠は上限金利のぎりぎりに達することが多く、年15%〜18%くらいの金利になることもあるのでできれば金利負担を減らしたいと考える利用者も多いです。

 

キャッシングの無利息期間が設けられている一般的なクレジットカードは、セディナから発行されているカードとポケットカードが発行しているカードです。両者とも新規加入特典として無利息期間が付いています。

 

セディナから発行されているセディナカードやOMCカードはゼロプランという名称で、新規にカードを発行してから30日以内の初回借入に限り7日間分を無利息とする特典があります。

 

借入してから8日目から利息が付くため、1週間以内に返済できるのであれば元金のみの返済で済みます。

 

セディナでは支払期日が到来する前にATMから直接入金させたり、インターネットバンキングができる口座からペイジーによる振替入金をさせたりして早期返済が可能です。

 

金利がゼロになるのは短期間ではありますが、すぐに返済できる金額を少額だけ借りるのであれば利用しやすいでしょう。

 

ポケットカードについては、契約した期間に関係なく初回にキャッシングをして30日間が金利ゼロになります。30日間の間に追加のキャッシングをした場合にも無利息の特典が適用されます。約1ヶ月以内に返済が可能ならば、元金のみ返すだけで済みます。

 

消費者金融と同様の無利息期間のサービスを受けられるので、お得に借り入れできます。早く支払いたい場合は、サイトや電話連絡で期日に一括返済するのも可能です。

 

 

ゼロ金利でお金を借りるときにチェックしておきたい条件とは?どの金融がおすすめ

 

ゼロ金利でお金を借りるときにチェックしておきたい条件は、金融機関によってさまざまです。お金借りる時の上限金額が少なくなっているものや、全額返済の期間が30日以内と期日の条件があるもの、初めての方のみが利用できるなど、さまざまな条件がありますから、これはネットで調べておくといいでしょう。

 

お勧めの金融機関はその条件が自分の希望するものと合致する所という事になります。

 

信用という点ではテレビなどのメディアで広告をしているところであれば信用して良いかもしれません。

 

ゼロ金利というサービスは業者にとっては広告塔の役割を果たしているものなので、業者としては利用して欲しくないサービスではありますが、キャンペーンとしてお客さんに広く自分たちの事を認知してもらうという事で行っている出血大サービスのモノとなっています。

 

ですから、条件が適合すれば利用することは出来るという事です。

 

業者としては、ここで利用出来ないようなサービスにして悪い評価を下されることを考えてはいません。このサービスはある意味では人気取りのお客様集めのサービスなのですから、どんどんと利用してもらってこのサービスの良さを知ってもらうという事を考えています。ですから条件さえ合えばゼロ金利でお金を借りる事は出来るのです。

 

基本的にゼロ金利サービスを利用する人が期待する事のほとんどは上限がどこまでなのかという事になるでしょうから、これを考えて選ぶといいかもしれません。ゼロ金利サービスを提供している金融機関のほとんどは数万円というところで似たり寄ったりですから、特にどこが良いという事もないでしょう。

 

後はいつまでに全額返済する必要があるのかというような期日の条件という事になるかもしれませんが、これは30日というところや180日などがあるようです。

 

初めての方のみというところもかなりありますから、この条件はしっかりと見ておく必要があります。何度でも利用できると思い込んでいると実は違ったというような事になりかねないからです。上記の上限金額や期日の場合はサービスの利用時に気づくことになるはずですが、初回時のみという条件は気づかない可能性があるので、注意しましょう。

 

基本的にゼロ金利サービスを利用する時はかなり厳しい条件が付いているという事が前提にあるという事を考えて、自分が希望する条件が満足されているのかどうかを前もって調べておくようにするといいでしょう。

 

10万程度の少額借金なら、金利ゼロサービスをフル活用して賢くキャッシング

 

10万程度の少額借金なら、金利ゼロのサービスをフル活用して賢くキャッシングするのが良いでしょう。お金借りるという事は金利負担が重くのしかかるという事ですが、金利ゼロという事はその負担が無いという事になります。これはとても大きな事です。

 

理由はシンプルでお金がない人がお金を借りるわけですから、お金が無い状況で金利まで負担していたのではますますお金が無くなることになるからです。

 

金利負担がどれだけ大きなものなのかというと、これで金融機関が生活していけるぐらいのものなのです。日本で一体どれだけの金融機関があり、金利によって生活の糧を得ているのかという事を考えればこれがどれだけ大きな負担になっているのか想像することが出来るでしょう。

 

銀行などの金融機関に勤めると高級でいい暮らしが出来るとも言われていて、経営陣ぐらいになると人がうらやむような収入になります。彼らの収入のほとんどは金利負担によって賄われているわけですから、その負担がいかに辛いものなのかが分かるはずです。

 

金利ゼロのサービスは金融機関にとっては収益を生みませんから、実はそれほど利用して欲しくないサービスです。そのため、金額が制限されていたり、初回の利用のみだったりと条件がさまざまに設定されています。ですが10万円程度であれば、この制限内の条件に入ることがあるので、この条件をしっかりと確認しておきましょう。

 

このゼロ金利サービスでは何度でも利用できるというところもあります。そのようなところでは、30日以内に全額返済すればという条件付きで何度でも利用可能という事もあります。

 

つまり、期日以内に全額返済すれば何度でもお金を借りることが出来るという条件のところもあるという事です。これを利用すれば、金利負担なしでお金を長期的に借りることが出来るという事です。

 

条件をしっかりと守ればゼロ金利サービスはとても魅力的なサービスであることは間違いありません。何しろこのサービスは広告を目的としているキャンペーン商品のような扱いですから、業者にとっては出血大サービスのような金融商品です。金利負担が年間で10%だとすれば10万円を借りたときの金利負担は1万円となります。

 

これがゼロになるのと、1万円を返済するのとではいかに大きな違いがあるのか分かるでしょう。

 

これがお金がない人が負担をするわけですから、いかに厳しい事なのかが理解できるはずです。金利ゼロサービスがいかに魅力的なモノなのかが分かるはずです。

 

消費者金融の無利息サービスを活用するとどのくらい得する?利息を計算してみた

 

消費者金融の中には、初めてその金融機関を利用する場合に限り、一定期間無利息が適用されるサービスを展開している所が有ります。その期間中はお金を借りてもその借りた額だけを返済すれば良く、利息分を払う必要はありません。

 

ただ、無利息はお得そうに見えますが、実際にはどれ位お得なのか分からないと言う事もあります。その場合は大体の数字を計算してみて、金利が適用される場合と無利息の場合とで返済額にどれ位の違いがあるかを見れば、お得度合を判断する事は可能です。

 

通常消費者金融を始めて利用する場合は、まだ金融機関との信頼関係が成り立っていない為、適用される金利はその金融機関の上限に近い数字が適用されます。

 

だから、年利18%までと表示されている場合は、大体18%の金利が適用される仕組みです。無利息の期間はその金融機関kンによって違いますが、1週間、1ヶ月、3か月、半年となっている所が多くなります。

 

消費者金融でお金借りる場合、適用される金利は年利ではなく日歩で計算されます。例えば10万円を借りた場合、単純計算をして1日で返済すれば利息分は49円です。

 

しかし、30日間借りた場合は1479円、3か月なら4438円、8877円になります。つまり、借りる期間が長くなればなるほど支払う金利分は多くなってしまいます。またこれは10万円を借りた時の利息分に過ぎず、50万円を借りて半年程借りた状態になると、その利息分は44384円になってしまいます。

 

もちろん消費者金融を利用する時の利息分は借り入れ額だけでなく適用される金利によっても変わります。だから低金利の所を利用すればもう少し利息分を抑えた借り入れも可能です。

 

しかし消費者金融の場合はスピード審査・融資を行っている所も多いため、適用される金利も初回利用は18%近くになってしまう事も少なくありません。

 

すぐにお金を貸してもらえるのは大きなメリットですが、利用する消費者金融、さらに何円借りるかによっては金利分が大きくのしかかってくる可能性も十分あります。

 

しかし無利息サービスを利用出来れば、その分の利息分を払う必要はありません。もちろんサービスが適用される期間に完済したときのみ借り入れ額分の返済で良い事になります。また無利息サービス期間を過ぎてもまだ残っている分に関しては、通常の金利が適用されます。

 

従って、そのサービス期間内に完済できる位の額を借り入れれば、利息分を一切払うことなくお金借りる事が可能になります。

 

無利息サービス無しの低金利銀行カードローンと、無利息サービスがある消費者金融どちらがお得?

 

お金借りる場合には、できる限りはやく、しかもお得に借りたいと思うものでしょう。

 

お金が欲しいと思った時には、家族や友人を頼ることも一つの手段です。ですが、それは時にトラブルの原因になることがあります。それを避けるためにも金融機関からの借入をお勧めします。

 

金融機関お金を借りる方法には大きく分けて2通りあります。一つは銀行から借りる場合です。銀行カードローンは低金利です。また借入の上限額も高く設定されていることが特徴です。

 

もう一つは消費者金融を利用する場合です。消費者金融は一般的に銀行で借りるよりも利息が高く設定されていることが多く、また借入上限額もかなり低くなっています。

 

これらの特徴だけ比較すると、銀行を利用するほうがお得であるように感じられるでしょう。ですが、銀行カードローンにはある大きなデメリットが存在します。それは、審査が非常に厳しい事です。

 

低金利、高い上限額から人気が高く、希望する方が大変多いことがその理由の一つです。さらに、申込から実際にお金を受け取ることができるようになるまでには数週間から数カ月と長い時間を要するものもあります。

 

一方の消費者金融は、金利は高いものの融資を受けることができるようになるまでが迅速であることが最大の特徴です。コマーシャルなどでも目にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。最短30分で審査を完了させることができるところもあるなど、圧倒的なスピードを誇ります。

 

その上、消費者金融の中には利息がかからない期間を設けているところもあります。そちらを利用すれば、初回借入日から30日以内にお金を返せば、利息なしで利用可能になるため、大変人気のあるサービスです。

 

銀行カードローンと消費者金融、両者のメリット・デメリットを比較した場合、低金利でも借りることが難しい銀行からよりも、無利息サービスを行っている消費者金融の方が利用しやすいといえるでしょう。

 

もちろん、無利息期間中に返すことが可能であることが前提となりますが、かなりお得にお金を借りることができます。消費者金融には即日融資が可能な会社もあります。それを利用することで、さらに迅速な対応を期待することができるようになるでしょう。

 

 

悪寒を借りる際には、様々な条件を比較することが最も重要です。すぐに少額のお金を借りたい場合には、無利息サービスを実施している消費者金融を利用したほうがお得であると断言してよいでしょう。

トップへ戻る