多重債務でも即日融資は可能か?勤務先にばれずに借りれる?

多重債務でも即日融資は可能か?勤務先にばれずに借りれる?

多重債務でも即日融資は可能か?勤務先にばれずに借りれる?

多重債務でも即日融資は可能か?勤務先にばれずに借りれる?

多重債務者であっても、お金が必要であるというようなときがあると思います。

 

ですが、基本的に多重債務者となると、お金を借りることすら難しい状況であり、そんな状況では即日融資でキャッシング

 

なんてできないのではと考えられるのですが、即日融資でのキャッシングということはできる可能性はあるのでしょうか?

 

 

結論から言いますと、可能性はほとんどありませんが、可能性はゼロとまでは言えません。

 

多重債務であっても、現状の返済能力をしっかりと判断したうえで、融資希望額がそこまで大きくなかったり、返済についても毎月しっかりと

 

返済しているという状況が確認されているなど、借金をしても返済が期待できると信頼されるような状況があれば

 

十分に即日融資でキャッシングができる可能性があります。

 

 

ですので、即日融資ができる可能性は十分に多重債務者でもあるといえます。

 

もちろん、キャッシング自体も厳しい状況ではあり、即日融資はより厳しいものでありますが

 

融資をしてもらいやすい金融機関をしっかりと調べ上げたうえで

 

キャッシング審査に申請を考えてみるといいでしょう。

 

後は、即日融資ができるように、必要書類の準備と申請の速さなどしっかりと行えるようにしておく事をおすすめします。

 

【関連ページ】 専業主婦キャッシング即日

 

→ フタバ借り入れ

キャッシングで多重債務になる人

多重債務でも即日融資は可能か?勤務先にばれずに借りれる?

近年では、多くの人がキャッシングの利用しすぎでた多重債務状態になってしまっています。

 

キャッシング利用者が多重債務者になるまでには、どのようなプロセスがあるのでしょう。

 

自分の希望で多重債務者になったという人は、いないといっていいでしょう。

 

多重債務になってしまうのは、本人にもどうしようもない理由があって、複数の金融会社のキャッシングを借りることになった場合です。

 

クレジットカードのローンや、キャッシングが、多重債務ほの発端になることが多いようです。

 

最近は、キャッシングの申込みがとてもしやすくなっています。

 

消費者金融会社は短時間で審査を行い、融資をしていますし、クレジットカードを使ってのキャッシングや、地方銀行のローンも便利です。

 

初めてのキャッシング経験にまでさかのぼってみると、気軽に融資を受けていたということがあります。

 

キャッシングへの精神的抵抗が低くなると、借入金額が多くなったり、些細な理由でローンを組んだりします。

 

借入件数が多くなると、今、どこに、いくらのお金を借りていて、今月はいくら返済すべきかわからなくなりがちです。

 

返済に追われていると、どんどん借入総額が多くなって、ヤミ金に手を出さないといけない気持ちにもなります。

 

場合によっては、親や親戚に頼み込まなければ、多重債務を解消できなくなってしまいます。

 

1回1回は些細な借入額でも、返済と借り入れを繰り返していくうちに多重債務に近づくという人が多いようです。

多重債務でもお金が借りれるたった2つの方法

私は以前5件の消費者金融と日掛け業者から合計500万円の借金がありましたが、そんな状態でお金を借りた経験をお話します。

 

3件以上大手消費者金融から枠いっぱい借入金がある方はご存知と思いますが、

 

新規に借りようと思っても情報が回っていて大手はどこも相手にしてくれません。

 

そこで多重債務でもお金を借りれる方法で最初に考えるのは闇金ですが、まともに手を出したらヤバすぎます。

 

ですから、まずは今借入している消費者金融の中で一番審査がやわらかそうな所に「おまとめローン」を相談に行きます。

 

私の場合は相談に行った消費者金融会社がたまたま「おまとめローン」のキャンペーン中だったので割とあっさり貸してくれました。

 

多重債務でおまとめローンが成立する条件は今後安定した収入があるかということと、その金融会社との付き合いの長さ、つまり実績ですね。

 

「おまとめローン」のメリットは、少し多めの金額でまとめて一息つけることや支払日と支払い先を一本化できること、それに利息を軽減できることです。

 

次に多重債務でもお金を借りれる方法としては街金です。

 

街金は平成22年の利息制限法が施行されてかなり苦しい状況に陥っていて、

 

半ば闇金まがいの仕事をしているところもありますが、大半の街金は大手が取りこぼした隙間ビジネスをしています。

 

つまり、多重債務者でもブラックでもあくまでもその人の現状を見て対面で判断するのです。

 

ですから返せる見込みや絶対返しますという熱意があれば貸してくれる所もあります。

 

以前は大手と街金では利息にも差がありましたが今は法律できっちり決められているので、街金だから高いという事はありません。

 

ただし一つの会社にお願いに行ってすぐ決まるというものじゃないです。やっぱり4,5件は回ってみる意気込みと危機感が大切ですね。

 

 

破産してから5年たっているけどキャッシングできる?審査が不安な場合

 

自己破産をした場合におけるキャッシングの利用では、自己破産後すぐには借入はまず出来ません。

 

この情報が信用情報機関に登録されてしまい、キャッシングを申し込んだ場合でも信用情報の確認により免責を受けた人だということがばれてしまうからです。

 

 

では、信用情報はいつまで登録をされているのかですが、一般的には5年間です。

 

したがって、5年を過ぎてしまえばその後は情報はなくなりますので、借りられるという理屈にはなります。

 

ただし、かつて自己破産により債務を免責した業者からの借入はまず不可能になります。

 

なぜならば、信用情報機関では確かに5年経てば情報が削除されますが、借金を踏み倒した情報は自社内で確認が出来ますので、事実上借りることは出来ないでしょう。

 

かつて借金を法的に債務整理したという情報は自社内であれば確保しておくことで、同じリスク回避に使えます。

 

すなわち、同じ失敗を避ける意味でも自己破産をした人の情報は持ち続けると考えた方が無難であるというわけです。

 

 

では、これから借入を行いたいと考える人の場合はどうすればいいのかですが、基本的には5年経てば情報が消えますので、かつて借りたことがないところからの借入を申し込めばいいという話になってきます。

 

ただし、借りようとしているところの系列会社の借金を免責してもらった場合においては、

 

かつて免責を受けた人という情報が伝わっている可能性はあります。つまり借入が厳しくなるケースがあり得るということです。

 

 

5年後に信用情報機関からの情報が削除された後に借入を行おうという場合には、できる限り今まで借りたことがないところにする必要が生じます。

 

審査が緩いところから借り入れるなどの工夫が必要でしょう。

 

審査がゆるめのところからクレジットカードなどを作成しておいて、ある程度はしっかりと返済も行っていきます。

 

年月が経って信用が増していくことで、信用情報会社での登録も契約からしっかりと返済を行っているという情報は残りますので、

 

さらに他社からの借入がし易くなるという面も生じてきます。

 

このように信用情報機関の基本的な情報を把握することで、後々の対応が楽になることを知っておいて損はありません。

 

 

なお、原則は信用情報機関への登録は5年になっていますが、

 

まれに状況によっては7年になっていたりするケースもあるので、注意しなければいけません。

 

気になる場合は借入の申し込みを行う前に、自分で信用情報を取り寄せてみるのもよいでしょう。

 

 

トップへ戻る