収入なしでもキャッシングできる?即日どうしてもお金借りたい

収入なしでもキャッシングできる?即日どうしてもお金借りたい

収入なしでもキャッシングできる?即日どうしてもお金借りたい

 

収入なしでもキャッシングできる?即日どうしてもお金借りたい

友人の結婚や家族の出産などのおめでたい出来事や、親族の不幸などお金が急に必要になるケースは多々あります。

 

そしてその様な場合に多くの方が利用するのが消費者金融などのキャッシングになります。

 

基本的に24時間お金を借りられますし、年末年始でもキャッシング機や無人契約機は稼働している事が多くなります。

 

なので急な出費があった場合には非常に便利なものになりますが、このキャッシングは基本的に収入のある方だけが行う事が可能になります。

 

これは借りたお金は返してもらう必要がありますので、消費者金融でも銀行でも必ず契約の際に審査を行う事が理由になっています。

 

この審査の内容の一つに、会社への在籍確認があります。この在籍確認とは本当に働いているかの確認になり、収入があるかどうかの確認と言い換える事ができます。

 

このポイントは非常に大きく、例えば本人の人柄が良く真面目な性格であったとしても無職の場合は審査を通過する事は不可能になっています。

 

したがって、完全に無職で収入なしの方がキャッシングを行うことは事実上不可能になります。

 

ただし最近では正社員でなくても審査の通過はできますので、例えば派遣社員や在宅ワークでもキャッシングが可能になっています。

 

消費者金融などの審査で最も重要なポイントになるのが、実際の収入の有る無しではなく働いているかどうかになります。

 

なので派遣社員として登録する事で在籍確認はクリアできますし、派遣社員として仕事していなくてもキャッシングは可能になります。

 

また、完全に無職でもキャッシングできるケースがあります。それは専業主婦などで、この場合は夫の収入を証明できればキャッシングは可能になります。

 

しかし例えば夫の収入証明書などで審査を通過する事ができますので専業主婦であってもキャッシングは可能なのですが、その場合は制限がかかる事が多くなります。

 

一般的に、消費者金融などは本人の収入に対して貸し付ける上限を決めています。例えば本人の月収が30万円だった場合、10万円は貸しても大丈夫などの判断を下します。

 

しかし専業主婦の場合は、同じ条件であっても貸付可能な金額は下がります。また仮に年収が2000万円の方がキャッシングする場合には上限は700万円程度になりますが、専業主婦の場合は100万円程度が上限になるのが相場になっています。

 

これは本人の収入でない事と、安定して得られるお金ではない事が理由になります。

 

夫の収入を基準に考えた場合、本人であれば仮に退職したとしても退職金などで返済する事が可能になります。しかし専業主婦の場合は離婚などのケースだと返済が不可能になってしまいます。

 

そうなると消費者金融としても大きな損害が出てしまうので、専業主婦に対しては制限を設けているところがほとんどになります。

 

大手の消費者金融や銀行では基本的に無職で収入なしの方にはお金を貸していませんが、中小の消費者金融などでは無職でも借りられる所があります。
しかし、この場合はほとんどのケースが闇金や違法な業者になっています。その様な悪質な業者の場合は様々な正規ではない回収方法を行いますので、収入の有る無しに関わらず貸し付けを行います。

 

なので無職でも融資する事や審査無しなどを謳い文句にしている場合には、契約の前にしっかりと確認する事が求められます。

 

なお大手銀行ではアルバイトでも借り入れは可能になりますが、目的別ローンの場合は不可能になります。

 

目的別ローンとはお金の使用目的が決まっているローンの事で、低金利になっていることが特徴になります。

 

基本的にキャッシングはアルバイトでも可能ですが、目的別ローンに限って言えば正社員であることが最低条件になりますので利用する前に正社員として就職している必要があります。
このように、基本的に完全に無職で収入なしの方がキャッシングを行うことは極めて困難になります。

 

専業主婦の場合はその限りではありませんが、借り入れに制限がかかりますので必要な金額に届かない可能性があります。

 

なので今現在無職で収入なしの方は、派遣社員として登録を行う事やアルバイトとして雇ってもらう事が重要なポイントになります。

 

上記のように実際に収入を得たかどうかは重要ではありませんので、どうしてもお金が必要な場合には取り敢えず仕事についていると言う事実を作る必要があります。

 

ただし派遣社員やアルバイトの場合は貸付の金額が数万円程度になりますし、貸付の上限金額も同程度になりますので借り入れの際には注意が必要になります。

 

また基本的に無職では大手の消費者金融や銀行では借り入れする事はできませんが、中小企業の場合には借り入れする事が可能なケースがあります。

 

この場合はアルバイトや派遣社員として登録する必要もありませんが、極めて危険性が高くなります。

 

闇金や違法な取り立てを行ってくる可能性が高いので、その様な業者は避けた方が無難になります。

 

無職無収入でお金借りれるところある?どうしてもキャッシングが必要

 

お金がある人ほど必要性が少なく、お金がない人ほど必要性が高いことが多い「借金」ですが、実際にはお金の多さによる違いはそれほどありません。

 

というのは、お金がある人は事業を発展させるためや投資などを目的に借金をする機会が多いためであり、金額だけにフォーカスした場合には、むしろお金がある人の方が多くの借金を抱えていることも珍しくありません。

 

ただし、「生きるために必要なお金」という意味でいえば、お金がない人の方が遥かに多い比率で借金をしている状況です。ただ単に「借金」という性質だけで止めてしまうのではなく、「どういった性質の借金なのか」ということまでも考慮して考えることが必要です。

 

また、借りることに終始するのではなく「返す」ということにもしっかりと意識を向けることも必要です。

 

借金の方法といえば、最も代表的なものは「銀行融資」です。金額の大小、性質に関係なく利用することができる方法であり、契約条件も比較的優遇されたものが多いため、より良い環境で借金をすることが可能です。他の方法として「キャッシング」「カードローン」といった選択肢もありますが、この二つは銀行融資と比べると契約条件が緩和されている代わりに契約内容が劣るといった特徴があります。

 

もっとも、すべてのカードローンやキャッシングが銀行融資に劣ると言うことはありません。ほとんどの状況で銀行融資の方が優れていますが、条件次第ではカードローンやキャッシングを利用した方が良い状況もあり得ることを覚えておくようにしましょう。あくまでも比率的に見た場合に銀行融資の方が圧倒的に可能性が高いという話に過ぎず、状況に応じて最適な判断をすることが大切です。

 

銀行融資、カードローンやキャッシングを利用するためには、それぞれの商品を提供している会社が「融資をしても良い」という判断を下す必要があります。どのような目的で借金を希望しているのか、返済に関する能力はどの程度あるのか、しっかりと返済をしてくれる人なのかどうかなどを評価し、一定の基準を満たした場合にのみ借金をすることができます。

 

それらの判断をする行為を「審査」といいますが、この審査で融資を否決されてしまった場合には融資を受けることができません。一旦融資を否決されてしまった場合には、続けざまに別の会社に審査を申し込む行為は非常に高いリスクを孕んでいます。いわゆる「申し込みブラック」という状態に陥ってしまう可能性があるため、「どこに申し込みをしても契約できない状態」になり兼ねません。

 

具体的かつ明確な融資の基準というものが公開されているわけではないので詳細は分かりませんが、少なくともどのくらいの状態ならば契約の可能性があるのかを推測する「体験談」、それぞれの会社が指定している「申し込み基本条件」を参考にすると、ある程度は融資の可能性を推測することができます。

 

少しでも融資の可能性が高いと判断できる状況を狙って申し込みをすることが大切です。

 

申し込みの基本条件はいろいろとありますが、最も重要なことは「返済能力がある」ということです。信用に関しては何とでもなってしまう部分が大きいですが、返済能力に関しては偽りようがないうえに貸す側が抱えるリスクに直結する部分です。そのため、各社共に「安定した収入を得ている」ということが申し込み基本条件に設定されます。つまり、「無職キャッシングはできない」ということです。

 

銀行融資、カードローンやキャッシング業者はそれぞれが指定する最低限度の収入、その他条件を満たしていることが申し込み条件であり、これを満たせない場合は申し込み自体ができないこともあり得ます。そもそも、仮に申し込みを行ったところで基本条件を満たしていなければ契約できる可能性はないので、「申し込みブラック」になるリスクを高めるだけです。

 

結論としては、「無職の状態で借金をすることはできない」となります。少なくとも銀行や消費者金融などから借金をすることはできないので、まったく別な方法でアプローチしなければいけません。たとえば、「収入や信用に関係なく融資を行う闇金業者」などを利用すれば融資を受けられる可能性はありますが、これによって被る可能性のあるリスクははかり知れません。

 

もし、通常の方法ではキャッシングを利用することができないのであれば、「公的な融資制度」を利用する方法があります。銀行はもちろんのこと、消費者金融などはあくまでも営利を目的として融資を行っているため、利益を得られない可能性が高い人に対して融資を行うことはありません。

 

しかし、公的な制度であれば「セーフティーネット」としての意味合いが強いので、返済能力が低い人に対しても融資を行っています。

 

この方法ならば無職でも融資または給付を受けることができる可能性がありますが、その代わりに申し込みから融資実行までに時間がかかってしまう点に注意が必要です。

トップへ戻る