事業者ローン増額審査は可能?ビジネスローン在籍確認情報

事業を行うには色々と資金が必要になってきます。

 

貯金をしてから行う方法もあるものの、必要な資金を貯めるまでかなりの時間を要することがよくありますので、

 

その間にビジネスチャンスを失ってしまう可能性があります。

 

今がビジネスを行うには最良のタイミングだと考えたなら、直ちに実行に移すのが、ビジネスを成功させるコツの一つだといえます。

 

資金が足りなくても、ビジネスローンを利用すれば解決できます。事業者ローンや自営者ローンなどと呼ばれている融資サービスです。

 

金融機関や消費者金融など、様々な会社や業者がビジネスローンの提供を行っています。

 

通常のフリーローンやカードローンを使う手段でも可能ですが、

 

これらのサービスだと事業目的には利用できないという決まりがあることが多くなっています。

 

申し込む商品を見極めることが、審査に通りやすくするポイントです。

 

ビジネスローンでは300万円くらいの融資のほか、1000万円や億単位の融資など、その利用限度額の幅がとても広くなっています。

 

しかし、申し込んだサービスが例えば利用限度額1000万円だったとして、誰もがその金額まで借りられるかといえばそうではありません。

 

融資をする会社や業者では、申し込んだ人の返済能力を見極めるために審査を行います。

 

その人が返済できるおおよその金額を、上限額として設定することがほとんどです。

 

つまり、1000万円の利用限度額であっても、融資する会社や企業側が100万円の返済能力と判断すれば、100万円までの利用限度額に設定されるということです。

 

こうなると、たったの100万円までしか借りられない、不便だと感じる人も当然ながら出てきます。

 

しかし、大抵のビジネスローンでは増額ができるシステムを採用していますので、利用者の希望次第で利用限度額の増額が可能です。

 

利用限度額の増額を求める際には、申し込みの時と同じように審査が行われます。内容は一般向けのフリーローンやカードローンと大差はありません。返済できる能力があると判断されれば、増額が認められるようになっています。

 

この審査で必要になるのが、収入証明書です。源泉徴収票や確定申告書、納税証明書などを用意します。必要書類は融資する会社や業者によって内容が異なりますので、事前に確認しておくようにします。

 

増額を希望する際には、金額が大きくなるほど審査が厳しくなる点に注意しましょう。借りられる金額の枠が多くなれば、それだけ多額の借金を抱える場面が多くなってきます。事業を行っているとうまくいかない時期も出てきますので、その最中にもきちんと返済できる程度の借入れに調整できる能力が必要になります。
とはいえ、利用限度額いっぱいまで借りなければならないという決まりはありません。必要なときに必要な分だけ借りるという意識を強くもつことが、借金トラブルを回避する重要な要素になります。

 

増額を希望しても、申し込みの段階で断られる場合があります。それは、すでにその融資サービスにおける利用限度額の最高額に達しているときです。それ以上の融資は行っていませんので、さらに借入れを希望するなら、もっと利用限度額が高い別のサービスに乗り換えるなどの工夫が必要です。

 

ビジネスローンでも審査で在籍確認をします。電話で行われるのが一般的ですが、自宅で事業を行っているのなら、自宅の電話番号にかけてくることがあります。

 

しかし、融資する会社や業者によっては、固定電話しかない人の場合だと、電話連絡がない例が存在します。携帯電話で確認するだけで終了することもよくあります。

 

事業の実態を証明する書類がない場合など、特殊な例では、取引先に電話で確認をする例も存在しますので、注意してください。

 

在籍確認は本当に事業を行っているか、本人が実在するかなどを調べるには大切な手段になります。連絡に出られないと審査に落とされる可能性が高くなりますので、必ず対応するようにしましょう。在籍確認であれば、職場の人など、他人が電話に出たとしても認められることが多くなっています。

 

ビジネスローンを選ぶ際のポイントとして、総量規制の対象外の商品を選ぶようにします。総量規制は、消費者金融などの貸金業法に基づいた融資を行っているところに定められた法律になります。借入れをする人の年収の3分の1を超える融資を行ってはならないという内容です。

 

そうなると、貸金業法にあてはまらない金融機関で融資を受けるしか方法がないように感じられますが、事業用として利用するなら、消費者金融でも総量規制に縛られない融資を受けることが可能です。

 

というのも、事業資金は総量規制の対象外であることが、法律で認められているからです。

 

消費者金融が提供するビジネスローンであっても、年収の3分の1を超える融資を受けることができます。その点を踏まえて、利用しやすい融資サービスを選ぶようにしましょう。

 

事業者ローンは即日借りれる?事業資金用にお金借りたい

 

事業者ローンは即日借りられるものは少なくはなりますが、無いわけではありません。大手銀行などが展開するビジネスローンがそうしたものの対象となると考えても良いでしょう。スコアリングシステムというような自動的に審査をするようなシステムを設置していないところではアナログの人による審査が必要となるのでなかなかビジネス用のキャッシングなどで即日の間に審査をして資金調達までするという事は困難なので出来るローンは限定されてくるというわけです。

 

ビジネスローンの場合は即日という事になると資本が圧倒的に大きな金融機関が対象になってくると考えられます。例えばオリックスVIPローンカードBUSINESSといったようなサービスが対象の候補として挙げられるかもしれません。

 

まあ具体的なサービス名は調べなくても、大手の金融機関に行って即日で借りられるビジネスローンはありませんかというのが最も確実という事になるでしょう。金融機関としてはこうしたお金を借りたいといってくれる方は大歓迎ですから、是非ともという形でさまざまなものを紹介してくれるはずです。その中には即日で融資をすることが出来るビジネスローンもあるかもしれません。

 

大手のような大企業ぐらいになると個人事業主が欲しいと考える程度の資金はすぐにでも用意することは出来るので、後は審査だけの問題となるわけですが、これはどこの銀行も慎重になるのでなかなか即日という事は難しいという事は言えます。理由は簡単でそれだけ資金に困っているという事は返済不能になる確率も高いと考えられるからです。ビジネスローンで最も怖いのは事業が滞っているということです。

 

資金繰りに困るという事は別に珍しい事ではありませんが、急にお金が必要になるという事はただ事ではありません。かなり切迫した緊急事態が起きていると考えて良いでしょう。そのようなところにお金を貸すという事は極めてリスクが高いという事を考えなければならないという事になります。

 

ビジネスローンは事業の収益性などを考えて融資の額を決めたりすることになるものですが、事業が不健全な状態にあるというような場合に貸すというモノではありません。

 

ですから、基本的に審査には時間がかかるというのが一般的な考えで、それを即日にしようとなるとかなりのリスクをお金を貸す側も持たなければならないという事になります。ですから即日融資というのは難しいわけです。

 

とはいっても、これまでの関係性で信用を獲得しているような場合は違うというケースもある。このような場合は既に銀行側もその会社の信用状態をチェックできているので、金額によっては融資をしてくれるという事もかんがえられます。

 

銀行側としてはお金は是非にでも借りてほしい事なので、出来れば貸したいと考えているので、少額であればというような条件付きでの借り入れが出来たりもする。ビジネスローンはいってみれば、さまざまな状況を考えて検討されるローンということになるので、その状況次第で借りられたり借りられなかったりすることがあるというモノだという事になります。

 

個人に貸し付けをするようなキャッシングとは違って、事業に貸すという具体的なところがあるわけですから、その事業内容次第とそれまでの信頼関係によって条件はいくらでも変わることが出来るようになっているのがビジネスローンの特徴という事になります。

 

金融機関としてはビジネスローンは個人に対する貸し付けとは異なって、事業に対して貸すので将来的に大きな利益となる事も考えられるものとなる。つまり、出来るだけ利用して欲しいというのが本音としてあるものということがいえるでしょう。

 

事業の場合は高額の借り入れという事になる事も多いので、元金込みで回収できるのであれば大きな収益を獲得することが出来るビジネスチャンスという事にもなります。

 

そのため、リスクはつきものとなるので、震災には出来るだけ時間をかけて審査をしたいという事になるわけですが、それを許さない状況があるというのであれば、後の判断は金融機関に任されるという事になります。お金を貸すかどうかは審査という形で出てくる事になるので、難しいかもしれませんが、申し込む分には申し込んでおいて良いでしょう。審査に落ちたからといって落ち込む必要はありません。

 

その金融機関は駄目だったというだけの事ですから、別の金融機関を探しても良いわけですし、場合によっては資金がないのでその事業は今回は諦めるということにして、資金が調達できた時に考えるという事をしてもいいわけです。即日にお金を借りるという事は、金融機関にとってもリスクが大きいので、金利を高く設定してくるような事も考えられます。つまり、自分が不利な条件でお金を借りなければならない事になりますから、出来るだけそのような事はすべきではありません。お金を借りなければならない事態があったとしても、有利な条件で借りられる方法を選択するようにすべきです。

トップへ戻る