キャッシングしたら通帳記入される?嫁にばれずにカードローン即日融資希望

キャッシングしたら通帳記入される?嫁にばれずにカードローン即日融資希望

キャッシングしたら通帳記入される?嫁にばれずにカードローン即日融資希望

 

キャッシングしたら通帳記入される?嫁にばれずにカードローン即日融資希望

 

キャッシングした時、通帳記入されることで家族にばれてしまうのではと心配する方も多でしょう。

 

結論から言うと、通帳記入しただけではキャッシングはばれません。

 

銀行口座とは別で借り入れを行っているので、通帳には記載されないのです。

 

「カード利用」や、カード会社の名称が記載されるだけです。

 

また、記載名を個人にする会社もありますので、契約の際に確認するとよいでしょう。

 

しかし、それで安心してはいけません。

 

キャッシングを家族等にばれないように行うのは決して容易なことではありません。

 

そこでおすすめするのが、「ウェブ完結」サービスです。

 

申し込み・審査・本契約・振り込みといった全行程をインターネットを利用することで、自宅に居ながら簡単に行えるサービスのことです。

 

ウェブで申し込み可能なのはもちろんのこと、申し込みの後の必要書類はメールや専用のアプリを用いて送信できますし、審査結果もメールで確認できます。

 

インターネットを使えば、店頭で誰かに見られることなく借りることができます。

 

→ モビットWEB完結プログラムなら通帳記入無し、カード無しキャッシング

 

 

ただ、ウェブ完結サービスを利用した上でも注意してほしいポイントがいくつかあります。

 

まずは、本人確認の電話で、いわゆる在籍確認です。

 

電話での確認が基本ですので、万が一家族が電話に出てしまったら、と不安になるかもしれません。

 

しかし、一般的にキャッシング会社は本人相手でなければ電話口で社名を名乗ることはありません。

 

さらに、電話をかける時間帯や、名乗る個人名などを設定できる場合もあるので、あわてずに契約の際などに確認しましょう。

 

それから、郵便物にも注意が必要です。

 

利用明細書には、キャッシング利用日と金額が記載されます。

 

明細書を見れば、キャッシングなのか、どこで何円借りたかまですべて分かってしまいます。

 

ここでも、郵便物の配達時間帯を指定するという方法がありますが、家族にばれない最もよい方法はウェブ明細サービスを利用することです。

 

オンライン明細なら、紙の明細書ではなくウェブ上に記載されるので安心です。

 

そして最後に、借入先への送金(返済)する際も気を付けなくてはいけません。

 

銀行などの口座から直接借入先に入金した場合、通帳に送金先が記載されてしまうため、お金の借り入れがばれる恐れがあります。

 

対策としては、いったん銀行の口座から返済分の現金を引き落として、それをコンビニなどから送金する、という方法があります。

 

これなら、通帳には送金履歴の記載はされず、出金記録が残るだけなので、借入れの有無は分かりません。

 

→ 通帳記入のないキャッシングならみずほ銀行カードローンク

 

初めてキャッシングを利用したのですが通帳記入するとキャッシング〇円と記載される?

 

家族と同居していた場合、借入のことを内緒にしたいと考える方が多いでしょう。

 

家計として共有で利用している口座の通帳記入をした際に、借入先の金融機関が記載されていてキャッシングがばれてしまうのではと心配なこともあるでしょう。

 

初めてキャッシングを利用する方であれば、当然だと思われます。

 

クレジットカードでキャッシング枠や信販会社のカードローンを利用した場合は、通帳にカード会社や信販会社の社名が記載されていることがほとんどです。

 

少額の入金なら家族に見られた場合であっても、支払いすぎた分が返金された等と言い抜けることもできるでしょう。

 

カード会社や信販会社は分割でのショッピングにも対応しているため、返済の際はショッピングの返済と同様にできるので、借入の返済とは分かりません。

 

銀行の借入を利用した場合、総合口座の預金口座に当座貸越としてセットするタイプの物であれば、当座貸越として記録されることもあります。

 

通常はカードローンや融資という形で記帳されます。

 

返済する場合も同様に、カードローンや融資返済というように記載されるでしょう。

 

できるだけ共有の口座からは利用しないようにしてください。

 

消費者金融のキャッシングの場合は、そのまま社名が記載される所もあります。

 

しかし、振込や口座引き落としによる返済で、周囲の方にばれないようにしたいと考える方もいます。

 

会社によっては個人名や他の屋号での記載に応じてもらえる場合があります。

 

対応できる金融機関では、申込書に記入した際に、通帳記入の際に社名かそれ以外の屋号か個人名を記載することを選択できるようになっています。

 

申し込む前に確認するといいでしょう。

 

どうしても、銀行の通帳記入されるのを避けたいという場合には、ATMや窓口の利用を勧めます。

 

ATMを利用した場合は、ローンカードを利用して直接入出金ができます。

 

借入と返済の手続きをするのに口座を利用していないので通帳記帳はされずに、明細が発行されるだけになります。

 

銀行や信販会社、多くのクレジットカードの場合は、口座振替での支払いが基本となるため、口座を登録する必要があります。

 

消費者金融であれば口座を登録しなくても、利用を認めている所もあります。

 

ただし、口座を登録せずにATMから借入や返済利用をする場合は、ローンカードが発行されなくてはいけないので、カードレスで手続き出来るタイプの借入は利用できないでしょう。

 

郵送か自動契約機に出向いてカードを入手しなくてはいけません。

 

また、ATMを使った手続きでは、コンビニ等の提携のATMを利用した場合に利用手数料がかかることがあります。

 

消費者金融や、信販会社等の直営のATMや、グループ関係に当たる金融機関のATMが多く設置されていればいいのですが、駅前や幹線道路沿いでないと見当たらないことがあります。

 

銀行カードローンの場合は、最寄りに店舗があるといいのですが、遠隔地の場合はなかなかない場合もあるでしょう。

 

返済日当日や急いで借入したい時には、手数料がかかることを覚悟しなければいけません。たいていの場合は、扱う金額が1万円以下か超過するかで違います。

 

1万円以下であれば100円台で収まりますが、超過する場合は200円台になることがほとんどです。

 

直営であれば利用手数料が無料になります。

 

まとまった金額の追加融資を受けたり、余裕がある時に随時返済する場合、何回も手続きが重なると手数料がかさむことがあります。

 

できるだけ金融機関直営のATMやグループの金融機関で手続きをするように注意してください。

 

月々の返済を口座引き落としにしたり、随時返済や残高一括返済で登録口座から振替をする際には、口座振替の手数料がかかることはありません。

 

なるべく費用を軽減したい方には、口座を使った手続きの方法が向いています。

 

通帳記帳で周囲の人にばれないようにしたい場合は、通帳が発行されない預金口座を作るといいでしょう。

 

インターネット専業の銀行や、インターネット支店がある銀行で口座を開設するのであれば、通帳が発行されることはまずありません。

 

預金口座の残高を確認するには、専用のサイトにログインして確認することになります。

 

いくらキャッシングの借入や返済が通帳記入されたとしても、ネット上から確認できるので、IDやパスワードが漏れなければ中身を知られることもありません。

 

口座の情報管理を厳重にし、金融機関のログインの対策ができているセキュリティソフトを入れておけばほぼ安心して利用できるでしょう。

 

信販会社でキャッシング残高を早めに随時返済をする場合にも、インターネット取引のできる銀行口座であれば、ペイジー料金収納による支払いができ、手数料が無料になることもあります。

 

また、銀行口座とカードローンが紐付けされている場合は、借入や事前返済の手続きが口座のサイトから一括で管理できますので、スムーズにできるでしょう。

 

お金の借入先にインターネット利用できる口座を紐付けすれば、借入先の会員サイトから手続きが容易にできます。

 

トップへ戻る