カードローン電話確認なしでお金借りれる?

カードローン電話確認なしでお金借りれる?

カードローン電話確認なしでお金借りれる?

 

カードローンを申し込む際には、審査時に申込内容を確認するため在籍確認が行われます。

 

在籍確認にはいくつかの方法がありますが、最も一般的なのは勤務先への電話連絡です。

 

勤務先にて在籍が確認できれば、この方法が最も手っ取り早いわけです。

 

しかしながら、これは審査する側からの考えであって、審査される側からすると考えは全く異なります。

 

できれば、借金の問題で勤務先に電話するのはやめてもらいたいというのが本音なのです。

 

つまり、多くのカードローン利用者が融資を受けるために、勤務先への電話連絡を我慢していたのです。

 

また、多くの人がこの在籍確認のためにカードローンに申込むことを躊躇していたのです。

 

ということは、在籍確認の方法を変えることで多くの潜在ユーザーを獲得できるかもしれないのです。

 

最近になって、ようやくこのことに目を向けるカードローン業者が出てきました。

 

 

まず、最初に在籍確認のための電話連絡無しを打ち出したのは、消費者金融会社のweb完結申込という方法です。

 

このカードローンは、webから申込んで契約まで完結できるもので、

 

在籍確認のための勤務先への電話連絡なし、電話でのやり取り無し、郵送物なしというサービスを実現しました。

 

ただし、条件としては、web完結申込を利用すること、指定銀行に口座があること、在籍を確認できる書類の提出が必要となります。

 

在籍を確認できる書類とは、社会保険証か組合保険証となります。つまり、これらの条件を満たすことができれば、

 

在籍確認の電話連絡の代わりになるということです。

 

若干敷居の高い条件ではありますが、条件を満たせる人にとってはありがたいサービスです。

 

この消費者金融会社は、比較的後発組の業者であり、店舗を待たずにインターネット中心の取引に特徴があります。

 

後発組であるがゆえに、このような思い切ったサービスが提供できたとも考えられます。

 

 

この初めての在籍確認なしのサービスが評判と名たことで、他の大手消費者金融会社も柔軟な対応を見せるようになりました。

 

申し込み時、もしくは事前にコールセンターなどに連絡を入れて、在籍確認なしで申し込みたいと相談をすれば、

 

申込内容次第では応じてもらえるようになりました。

 

この場合には、利用限度額が少額であること、また、社員証、保険証、直近の給与明細書などの提出を求められることが多いようです。

 

特に、土日や休日などの申込みで即日融資を希望する人には、利用限度額を少額限定として適応されるケースが多くあります。

 

大手消費者金融としては、最も簡単な審査方法は残したいものの、他の業者に潜在顧客を取られることを防ぎたいというところでしょう。

 

そして、この流れは銀行系にも波及してきました。

 

実は、銀行の場合には、顧客の口座を預かっていることが多く、その場合には顧客の口座からお金の流れをある程度は見ることができるため、

 

銀行こそ、この在籍確認なしのサービスを提供する下地があったのです。

 

最初に銀行でこのサービスを提供したのは、ネット専用銀行です。

 

条件は、銀行口座を所有しているということのみです。

 

このネット専用銀行では、在籍確認のための勤務先への電話連絡無しに加えて、提出書類もなしにしています。

 

何故このようなことが可能かというと、銀行口座開設時にすでに書類は提出してもらっているからです。再提出は二度手間になるので必要ありませんよということです。

 

さらに、このネット専用銀行のカードローンは、商品を10万円、30万円、50万円の3タイプの利用限度額とし、金利は一律15%としました。

 

つまり、利用限度額を少額に設定し、金利を銀行系商品としては若干高めにすることで貸し倒れリスクを小さくしているのです。

 

商品のにかかるコストを徹底的に抑えることで、座席確認の電話連絡無し、必要書類なしを実現しているのです。

 

これも後発組のネット専用銀行であるからこそのサービスであり、大手都市銀行系商品との差別化をうまく図っています。

 

このように、いくつかのタイプのサービスが提供されることで、最近では必ずしも審査時に勤務先に電話連絡されることも無くなりつつあります。

 

もちろん、金融業者側でも勤務先への電話連絡は個人名で行ったり、

 

間違っても融資のために確認連絡であるということは知られないように、最大の配慮をしています。

 

しかし、今後はさらに改善される可能性が強く、在籍確認の方法自体が他のやり方に代わってしまうかもしれません。

 

現段階では、金利の低い銀行系はほとんどの場合に勤務先への電話連絡を行います。

 

中には、個人名どころか銀行名で電話してくるところもあります。銀行の場合には、融資だけが業務ではないのでそれでも問題ないと考える人もいるのでしょう。

 

ただし、消費者金融の場合には、そのようなわけにはいきませんので、

 

今後ますます在籍確認の勤務先への電話連絡は他の方法に切り替わることになるでしょう。

 

 

カードローン審査通らないときどうしたらいい?お金借りたいけど借りれないとき

 

カードローン審査に絶対はありえません。

 

公務員、年収700万円、勤続年数20年といった高スペックの方であっても、100%借りられるローンは存在しません。

 

カードローンを利用する最低条件は、満20歳以上で安定定期的な収入があることです。

 

これをクリアすることが最低条件ですが、それ以外にも条件はあります。

 

細かな条件については利用者に知らされることはなく、具体的な審査基準は判断できません。

 

最終的に金融機関が独自に融資するかどうか決断を出します。

 

お金を借りたいけど、審査通らないという状況は誰にでもありえるのです。

 

 

 

お金借りたいけど借りれないときの対処法としては、金額を抑えて別の金融機関に申し込みすることです。

 

50万円でダメならば、30万円で挑戦するなど工夫しましょう。

 

ここで注意したいのは、審査で落ちた業者に再申し込みをしないことです。

 

原則として一度落ちた業者で再審査を受けることはできません。

 

WEBサイトに再審査可能などと記載していれば別ですが、ほとんどの業者は再審査不可としています。

 

そして、審査に落ちた理由についても知らされることはありません。

 

カードローン比較サイトなどを見ると、審査に通過しやすいローン、審査が難しいローンなどのランキングがあるでしょうが、ランキングは信ぴょう性が薄いです。

 

人によって借りやすいローン、借りにくいローンは異なってくるからです。

 

業者基準として公務員を優遇する、パート・アルバイトにも積極的に融資している、などの特徴があります。

 

借りられるかどうかはカードローン審査を受けてみないとわかりません。

 

 

 

ただ、すべての金融機関に共通することは、借入額が少ないほど審査に通りやすくなることです。

 

50万円よりは30万円、さらに20万円、10万円と少なくなるほど借りやすくなります。

 

もし50万円で審査通らないならば、次は30万円、その次は20万円というように減らしていきましょう。

 

3回審査を受けてダメならば、借入できる状態にないと考えるべきです。

 

それ以降も集中的に審査を受けていると、申し込みブラックになります。

 

審査に落ちてしまう方には相応の理由があります。

 

よくあるのは他社の返済遅延、過去の債務整理などでしょう。

 

カードローンの審査では信用力を重視されるので、過去に信用を落とすような行為があれば審査通らない可能性はあります。

 

いずれにしても、カードローンですぐにお金を借りたい場合は、事前に借入額のシミュレーションをして少しでも金額を抑えるようにしましょう。

 

 

トップへ戻る